検索条件

キーワードを入力

2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休業日です

  • 100,000円コース
返礼品コード:
05112

かぐや姫 たっぷりセット

メーカー:
竹取倶楽部
関連カテゴリ:
東松島で産まれたお米
『かぐや姫』
平成5年の大冷害の年に発見されたシチュエーションからその名がつけられました。
お米1粒1粒がしっかりとした食感を持ち、品のあるかおり、やさしい甘みが特長のお米です。収穫が11月になる極晩生品種、その年の大取になる東松島市特産米です。
宮城県の桃生茶に「かぐや姫」の玄米をブレンドした玄米茶『月ひめ』をセットでお届けいたします。

年3回(4ヶ月に1度)、20kgずつお送りいたします。

【商品内容】かぐや姫、玄米茶「月ひめ」
【内容量・個数】市特産米「かぐや姫」白米20㎏&玄米茶「月ひめ」400g ×3回
【保存方法】常温
【お届け状態】常温

※お申込みの翌月に第1回目をお届けいたします。
ログインしてください

かぐや姫って?

かぐや姫が生まれたのは1993年、大冷害の年です。
冷害で壊滅したササニシキの田んぼに3本の稲が残っていました。
雲の切れ間から3本の稲にそそぐ太陽の光が、まるでおとぎ話の「かぐや姫」のようだったことからかぐや姫と命名されました。
稲は突然変異でできたもので、生まれた過程は謎に包まれています。

日本で一番早く7月に沖縄で米の収穫がされ、その一番最後がかぐや姫です。
かぐや姫は5月中旬に田植えをし、10~11月に収穫されます。
極晩生品種で、日本で1番ゆっくり成長します。

直種なので毎年種もみをとっています。有志6人が生産者としてかぐや姫を作り始めました。震災の年には3人いた生産者が、今では木村さん1人になってしまいました。
それでも、この美味しさを伝えたいという気持ちで、精力的に活動しています。
「自分で作ったものは責任もって売る。」そう言って、木村さん自ら東京に赴き営業を行っています。

東京での営業が主体でしたが、地元でももっと知ってもらいたいということで、今年は地元東松島の小中学校に350㎏を無料提供し、給食に取り入れました。
ゲストティーチャーも務め、地元でも精力的に活動しています。
かぐや姫 たっぷりセット

木村さんのこだわり

説明できる農作物をつくること。
無農薬が正義というわけではありません。
「どんな農薬をどこでどうやって使っているか説明すること、それが生産者の義務で、当たり前のこと。」と木村さんは言います。
「自分の作るものは責任もって説明できなければならない。」
木村さんのプロ根性が垣間見えます。
かぐや姫 たっぷりセット

とにかく、人に喜んでもらえるもの

元気の源はみんなの笑顔。
おいしいと言ってくれる笑顔を見て、来年もまた頑張ろうとやる気が出てきます。
大切なのは人と人のつながり。
みんなが喜んでくれるようなものを作ろうと木村さんは頑張っています。
味はさっぱり形で、「一度食べてもらえば美味しさがわかってもらえる」と自信あり。
とにかく美味しいという「かぐや姫」。是非ご賞味ください。
かぐや姫 たっぷりセット

かぐや姫 たっぷりセット

寄附申込済の方ログイン

ユーザーID

パスワード

寄付者の声
東京都 まだ復興途中だと思いますが、微力ながら協力させていただきます。
愛知県 ふるさと納税という、実際に「東北を訪れなくてもできる復興ボランティア」があることを知り、利用してみることにしました。
東京都 カキ養殖の完全復活を応援できてうれしいです。
兵庫県 阪神大震災で同じ様な災害を被った者として、一日も早い復興を心より願っております。なお、小生先の大戦では当時在住の大阪で生死の境をもくより抜けており平和の尊さを身にしみて感じております。
沖縄県 復興に向けて頑張りましょう。
埼玉県 巨大津波から見事復興を成し遂げられ、おいしいカキが生産され、大好きなカキを食べながら一層の復興発展を祈ります。
広島県 思ったほど復興が進んでいない様子。一日も早く安心安全な町作りが完了することを願っております。
東京都 東松島のみなさん、震災復興応援しています。2011年に復興支援ボランティア活動させて頂きました。
神奈川県 仕事で3度ほど訪問しましたが、仮設住宅にお住まいの方々、市役所の方々の思いに打たれました。がれき処理を市内で実施する等の取り組みも目の当たりにしました。今後仮設住宅からの移動にあたり住民の方へ細やかな配慮がなされることを期待しています。
熊本県 3年間東松島市の職員として日々、何かできる事はないか、一つでも事業を先に進めるにはどのように仕事を効率的にやった方がよいか考えながら業務に携わってきましたが、通常、3年以上かかる仕事を1年間で成果を出さなければいけなかったため、どうしても時間が足りず道半ばで東松島市を離れることとなりました。ただ今まで私が3年間、東松島市で頑張ってこれたのも暖かい東松島市の人たちに支えられたことが大きかったと思い、ただただ感謝しております。これから更に復興・復旧事業は大変になってくることかと思いますが頑張ってください。東松島市の更なる発展と復興を心から願っております。
東京都 東松島市在住の母や姉が大変お世話になっており(または仙台にいる兄も)、少しでも私を育ててくれた故郷の復興に役に立ちたい、恩返しをしたい、という想いです。自分自身の仕事が多忙のゆえ、中々地元に帰れないので、こういう形で応援させて頂きました。
神奈川県 震災後の6月に神奈川震災支援ボランティアで応援に行き、約2週間活動させて戴きました。その後も何回か復興状況を見学に行っています。まだ復興は道半ばですが、諦めずに安心してふるさとの東松島で皆さんが暮らせる事を応援したいと思います。頑張ってください。
東京都 東松島市は両親のふるさとです。二人共他界してますがいつまでもふるさとの繁栄を願っていると思います。私もこれから応援していきたいと思います。
長崎県 あの大津波を、そして東松島市を忘れません。