2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※赤字は休業日です

HOPEとは

一般社団法人 東松島みらいとし機構(HOPE)は、東松島市の進める復旧にとどまらない創造的な復興まちづくりの進展と、内閣府選定の「環境未来都市」推進のために設立されました。
市民・行政・地元企業・大学・NPO・民間企業をつなぐ中間支援組織として、『東松島市復興まちづくり計画』に定められた4つのリーディングプロジェクトにもとづく多様な復興まちづくり事業や、地域貢献活動、新しい地元産業の創出などに取り組んでいます。


HOPEは、東松島市の復興という共通の目的に向かって集う皆様、主に1.東松島市民:地域コミュニティ(市民)の皆様、2.商工会:地域産業、商工業者の皆様、3.行政:国、県、市行政機関、4.HOPE参画企業:HOPEへ参画いただいている企業の皆様、以上4者の「出会いの場」「情報交換の場」「気づきの場」「シナジー獲得の場」「イノベーション創造の場」でありたい、即ち東松島市の未来を創るための「フューチャーセンター」の機能を果たしたいと考えています。

市内外の会員企業のみなさまから構成される4つの部会「くらし部会」「産業部会」「コミュニティ・健康部会」「エネルギー部会」は、それぞれの持ち味を活かし、被災地で顕在化した解決のむずかしい地域課題をなんとか解消しようと、それぞれの取り組みを進めています。

また、「東松島ステッチガールズ(刺繍を通じて女性の担う新産業を創出)」「定住化促進事業(まずは婚活から!)」「東松島ダンススクールHUDDLE(ダンスを通じて心の復興と健康を)」「バンダ・アチェ市(スマトラ島沖地震で大被害のあったインドネシアの都市)との相互復興プログラム」「電力マネジメント事業(地産地消のエネルギー確保を目指して)」など、復興と地域振興に向けた様々な事業をおこなっています。

「ふるさと納税」を通じて皆さまからいただいた篤い志を受け、東松島市と協働しながら、「創造的復興」を目指し、震災前よりも「より良い」東松島市をつくるためにいっそう取り組みを進めて参ります。

東松島市もHOPEも、これまでたくさんの皆様から支えられてきました。これからも、この「地方創造型のふるさと納税」を通じ、ご支援いただきたく存じます。

寄付者の声
東京都 まだ復興途中だと思いますが、微力ながら協力させていただきます。
愛知県 ふるさと納税という、実際に「東北を訪れなくてもできる復興ボランティア」があることを知り、利用してみることにしました。
東京都 カキ養殖の完全復活を応援できてうれしいです。
兵庫県 阪神大震災で同じ様な災害を被った者として、一日も早い復興を心より願っております。なお、小生先の大戦では当時在住の大阪で生死の境をもくより抜けており平和の尊さを身にしみて感じております。
沖縄県 復興に向けて頑張りましょう。
埼玉県 巨大津波から見事復興を成し遂げられ、おいしいカキが生産され、大好きなカキを食べながら一層の復興発展を祈ります。
広島県 思ったほど復興が進んでいない様子。一日も早く安心安全な町作りが完了することを願っております。
東京都 東松島のみなさん、震災復興応援しています。2011年に復興支援ボランティア活動させて頂きました。
神奈川県 仕事で3度ほど訪問しましたが、仮設住宅にお住まいの方々、市役所の方々の思いに打たれました。がれき処理を市内で実施する等の取り組みも目の当たりにしました。今後仮設住宅からの移動にあたり住民の方へ細やかな配慮がなされることを期待しています。
熊本県 3年間東松島市の職員として日々、何かできる事はないか、一つでも事業を先に進めるにはどのように仕事を効率的にやった方がよいか考えながら業務に携わってきましたが、通常、3年以上かかる仕事を1年間で成果を出さなければいけなかったため、どうしても時間が足りず道半ばで東松島市を離れることとなりました。ただ今まで私が3年間、東松島市で頑張ってこれたのも暖かい東松島市の人たちに支えられたことが大きかったと思い、ただただ感謝しております。これから更に復興・復旧事業は大変になってくることかと思いますが頑張ってください。東松島市の更なる発展と復興を心から願っております。
東京都 東松島市在住の母や姉が大変お世話になっており(または仙台にいる兄も)、少しでも私を育ててくれた故郷の復興に役に立ちたい、恩返しをしたい、という想いです。自分自身の仕事が多忙のゆえ、中々地元に帰れないので、こういう形で応援させて頂きました。
神奈川県 震災後の6月に神奈川震災支援ボランティアで応援に行き、約2週間活動させて戴きました。その後も何回か復興状況を見学に行っています。まだ復興は道半ばですが、諦めずに安心してふるさとの東松島で皆さんが暮らせる事を応援したいと思います。頑張ってください。
東京都 東松島市は両親のふるさとです。二人共他界してますがいつまでもふるさとの繁栄を願っていると思います。私もこれから応援していきたいと思います。
長崎県 あの大津波を、そして東松島市を忘れません。
プライバシーポリシー